大事な家族だからこそ入るペット保険|もしものことを考えて加入を

ドッグ

犬の健康のために

ドッグ

犬も人間と同様に様々な病気にかかるリスクがありますが、その中でも特に気をつけなくてはいけない病気がフィラリア症です。フィラリアとは寄生虫の名前で、蚊を媒介として感染します。犬の血液に入ったフィラリアは成長しながら移動して、心臓や肺動脈で成虫になります。成虫になると15cmから30cmの大きさになり、犬の生命活動に重大な阻害をもたらします。感染をしたら取り除かなければ、犬は死んでしまいます。まだ幼虫の時は血液から除去するだけでいいですが、心臓で成虫になっていたら開腹することになります。犬に大きな負担をもたらすことになるので、感染に気が付いたら、早急に動物病院に行くことが大切です。フィラリア症で1番大切なのは、感染させないことです。フィラリアは蚊を媒介として感染するので、蚊が発生している時期に予防薬を使用します。とはいっても、近年は年間を通して蚊が見られるようになった地域も多いので、年間を通してフィラリア予防薬を投与することが望ましいとされています。フィラリア予防薬には、注射タイプやおやつタイプ、錠剤タイプや背中につけるスポットタイプがあります。近年ではインターネットを通じて購入することもできるようになりました。フィラリア予防薬は、犬の体重によって与える量も異なっています。また、すでにフィラリアに感染している場合、フィラリア予防薬は毒になることもあります。なので、安心して確実にフィラリア予防薬を与えるためには動物病院で犬の状態を把握してもらってから、獣医師から処方してもらうことをおススメします。また、おやつタイプや錠剤タイプ、スポットタイプは定期的に投与する必要がありますが、注射タイプは1シーズンに1回ですむので、犬の健康診断もかねて動物病院に赴くというのが手軽な方法ともいえます。