大事な家族だからこそ入るペット保険|もしものことを考えて加入を

ドッグ

葬儀の4つの種類

御骨

特徴や費用もかわってくる

ペット葬儀には、自宅葬、立会葬、個別葬、合同葬のだいたい4種類が用意されています。自宅火葬とは、移動火葬車で自宅まできてくれます。移動火葬車は、無縁無臭の構造となっているので、臭いや煙で近所の方々に迷惑がかかるということは、ありません。前もって伝えておけば、希望の場所まで移動して火葬をしてくれます。思い出のあるところで火葬をしてもらえるので、人気があります。移動火葬車は一見するとなんの変哲もないワゴン車みたいな外見をしているので、目立ったりすることもありません。ですが、いい加減な設備や、技術不足によって周りに迷惑をかける葬儀社も存在します。自宅火葬を選ぶときは、ペット葬儀社を厳選してください。立会火葬は僧侶が読経してくれるところが多く、個別に火葬してもらえます。骨あげもでき、お骨は持ち帰ることも可能です。ペット葬儀社によっては、特別立会火葬といって、豪華な葬儀プランを用意しているところもあります。個別葬は、ペットを一体ずつ火葬してくれます。火葬の立会いは出来ません。骨あげはスタッフがやってくれます。お骨を納骨するか、持ち帰るかは選択可能です。合同火葬は他のペットたちと一緒に火葬します。他のペットたちもいるので、骨あげと、返骨はできません。火葬のあと、寺院に納骨して埋葬されます。ペット葬儀の値段は、業者と、葬儀をする動物の種類によって価格はちがってきます。体重が軽いほど費用は安く、重いほど費用はあがります。ペット葬儀は極小動物から大型犬まで対応してくれます。